民事信託に関するキーワード

遺贈 税金

  • 自筆証書遺言の検認と遺言執行者の選任

    母が、遺言執行者として選任されれば、父の協力なくして母1人で手続ができます。 遺言執行者の候補者は母にします。 「遺言書の検認」を終えた後、遺言執行者選任の申立を行います。 【3】不動産の名義変更手続、定期預金の手続完了。少し難しいケースですが、相続登記を申請する際の登記の原因は「遺贈」となります。

  • 死後のペットが心配

    ここで考えられる方法が【負担付遺贈】です。ペットの世話をしてもらう。その対価として財産の一部を贈るという内容を遺言書に遺すことをおすすめします。 つまり、ペットの世話という負担を条件に財産を遺贈する方法です。ここで大事なことは、本当にペットをかわいがってくれる人を選び、承諾を得ておかなくてはならないことです。

民法 判例

  • 相続人の内に未成年者がいる場合の手続

    相続人の中に未成年者がいる場合の遺産分割協議について、民法では、未成年者は法律行為を行う能力が不完全であるとされています。よって、未成年者本人が法律行為である分割協議に参加することは出来ません。このケースの解決事例家庭裁判所への手続き方法 【1】「特別代理人選任の申立て」を行う。未成年者の住所地を管轄する家庭裁...

  • 【トピックス】婚外子の相続差別に違憲判決

    これは、結婚していない男女間に生まれた子(婚外子、非嫡出子)の遺産相続分を、結婚している夫婦の子(嫡出子)の半分と定めた民法の規定が、法の下の平等を保障した憲法に違反していると判断されたことになります。 今回の判決を受け、近いうちに民法が改正されることが予想されますが、日本における家族のあり方を見直すきっかけにな...

  • 遺言No.1 「自筆証書遺言の書き方」

    「間違ったらどうしよう」という気持ちはわかりますが、間違ったときの訂正方法も民法で決まっております。勝手にぐちゃぐちゃと消さないように。最後に押印です。三文判でもかまいませんが、本人の印だということを明らかにするためにも実印が望ましいです。拇印でも有効だという判例があります。でも、本人の印だということを明らかにす...

相談無料

営業時間:8:00~22:00

予約いただければ時間外でも対応。※営業時間外はスマホにおかけください。

0120-783-444

LINEでの申し込み

メールでご相談

相談無料

相続問題はなかの法務事務所にご相談ください!

営業時間:8:00~22:00

予約いただければ時間外でも対応。※営業時間外はスマホにおかけください。

0120-783-444

LINEでの申し込み

メールフォームから相談予約受付中!

アクセス

〒102-0072
東京都千代田区飯田橋 3-1-6
越前屋ビル 2F
「飯田橋」駅 メトロ徒歩 1 分、JR 徒歩 3 分
アクセス良好なのでお仕事帰りでもご相談可能です!
ページトップへ