相続丸ごとおまかせパック(遺産整理業務)

難しい手続をトータルサポート

相続が発生して誰に何を頼めばよいかわからない方は、相続専門の司法書士に相談下さい。相続専門の税理士や相続専門の弁護士もいますが、相続専門の司法書士の競合相手ではありません。それぞれ、専門分野があるのです。

相続税の問題がなければ、税理士への依頼は不要です。
相続人間で争っていなければ、弁護士への依頼は不要です。
相続手続きの中心となり誰もが必要なのが、相続専門の司法書士です。

期限のある手続きもありますので、早めに動いてください。

このような方にオススメ

(1)精神的な負担を軽減したい方

相続が発生すると相続人は、悲しみや葬儀の手配、お墓のことで精神的にも肉体的にも疲労困憊してしまいます。
葬儀の後も仕事や家事、四十九日の法要の準備で忙しいと、何から始めればよいか調べる暇もなく、不安が大きくなってしまいます。
当事務所にご依頼していただければ、遺産承継手続きの窓口となり役所、銀行、法務局等での面倒な手続を代行しますので、貴重な時間の確保と不安を軽減できます。

(2)相続人がたくさんいて話がまとまらない。連絡を取っていない相続人がいる。

期限のある手続きもありますので、早く動くことをお勧めします。

相続人が揃う日に、司法書士が出向いて説明したり、相談を受けアドバイスするサービスもあります。遺産分割の方向性が決まります。
連絡がつかない相続人がいる場合、探し出すだけでも時間を要します。

(3)相続の専門家に任せたい方

相続手続きを依頼するにあたっては、相続財産の詳細をお伝えいただく必要があります。さらに、場合によっては相続人の個人的な情報までお伝えいただくこともあります。

しかし、心配しないでください。当事務所は、相続中心で業務を行っており、守秘義務のある司法書士が責任をもって対応いたします。

また、必要であれば、他の専門家(税理士、土地家屋調査士等)と連携をとり問題解決にあたりますので最後まで安心してご依頼ください。

(4)専門家による公平なアドバイス

遺産分割、遺留分、特別受益の判断は、相続人だけの話し合いではなかなか決着がつかないケースもあります。争いになれば、弁護士に依頼することになります。しかし、お金と時間をかけてまで兄弟と争いたいですか?相続での争いは、一生修復することはありません。

この遺産承継業務は、争いが発生すれば依頼を受けれません。争わないことを前提とした手続きです。司法書士が相続人のどちらかに就くということはありません。だから、法律的に公平な視点で相続人の方々が納得できるアドバイス・サポートができるのです。

(5)余計な費用をかけたくない方

相続手続きには、相続人本人か又は資格のある専門家にしかできないことがたくさんあります。

しかし、一般の人からは、相続業務を行っているように見える会社が存在します。代表者の名前で相続に関する本を出版したり、セミナーを開催して、集客のみに特化しています。このような会社は、相続業務を行う能力も権限もないので、資格のある専門家に仕事を振ることになります。この会社の取り分が無駄になります。
また、信託銀行の遺産承継業務も似たようなものですが、信託銀行の報酬はとにかく高いです。信託銀行も税理士や司法書士に仕事を振ります。信託銀行に依頼しなくても、遺産承継業務は100%できます。
相続専門の法律系の事務所に直接電話をしてください。

司法書士、信託銀行、行政書士の比較

遺産承継トータルサポート内容

  • 登記簿・名寄帳による不動産確認
  • 戸籍収集による相続人確定作業
  • 相続関係説明図・遺産分割協議書作成
  • 相続不動産の登記手続き
  • 残高証明書の取得・預貯金の解約・名義変更手続き
  • 株の名義変更手続き
  • 相続税案件の税理士紹介
  • その他、土地家屋調査士や行政書士等の専門家紹介
  • 不動産売却の場合の不動産会社の紹介

等々、遺産承継をトータルでサポート致します。

費用

25万円~(消費税別)

遺産内容やケースに応じてお見積りします。
お見積りには、財産のわかるものが必要です。
例えば、次のようなものです(わからなくても、口頭で説明します)。

  • 固定資産税の課税明細書(または、固定資産評価証明書)
  • 預金通帳の残高
  • 有価証券の種類

戸籍等の各種証明書・郵送代・登録免許税等の実費が別途かかります。

遠方の相続人との面談が必要となる場合には別途日当出張費が発生致します。

税理士等他の専門家の関与が必要な場合、他の専門家へ別途費用が必要です。
その場合は、他の専門家にも見積もりしてもらいます。

遺産承継業務の料金体系表

相続財産の価額報酬額
500万円以下25万円+消費税
500万円超~5,000万円以下(価額の1.2%+19万円)+消費税
5,000万円超~1億円以下(価額の1.0%+29万円)+消費税
1億円超~3億円以下(価額の0.7%+59万円)+消費税
3億円以上(価額の0.4%+149万円)+消費税

半日を超える出張が必要な場合、日当の半日:3万円、1日:5万円をいただきます。

司法書士、信託銀行、行政書士の比較

◎報酬や業務範囲の比較

  1. 信託銀行と比較した場合、最低報酬が全然違います。
    定額報酬も定率報酬も信託銀行の方がかなり高額です。
  2. 手続き内容を比較した場合、司法書士は、信託銀行や行政書士と比較して業務を行える範囲が広いです。司法書士と行政書士を比較して、報酬が同じくらいでも、司法書士の方が業務範囲が広い分、費用を抑えれることになります。
司法書士なかの法務事務所信託銀行行政書士事務所
業務相続丸ごとおまかせパック
(遺産整理業務)
遺産整理業務相続手続代行
最低基本報酬目安
実費は別途発生
25万円~100万円~30万円前後~
主な手続きの内容・費用等
相続人調査
(戸籍等収集)

報酬に含まれます。
×
司法書士等に依頼(別途費用)
相続関係説明図・遺産分割協議書等の作成
報酬に含まれます。
×
司法書士等に依頼(別途費用)
遺言書の検認手続き
報酬に含まれます。
×
弁護士・司法書士に依頼(別途費用)
×
弁護士・司法書士に依頼(別途費用)
金融機関や証券会社の相続手続き
報酬に含まれます。

司法書士等に依頼する場合あり(別途費用)
不動産の相続登記
(名義変更)手続き

報酬に含まれます。
×
司法書士等に依頼(別途費用)
×
司法書士等に依頼(別途費用)
解除された抵当権の抹消登記手続き
報酬に含まれます。
×
司法書士等に依頼(別途費用)
×
司法書士等に依頼(別途費用)
相続税申告手続き×
相続専門の税理士を紹介(別途税理士費用)
×
税理士に依頼(別途費用)
×
税理士に依頼(別途費用)
遺産分割で分筆登記が必要な場合×
土地家屋調査士を紹介(別途調査士費用)
×
土地家屋調査士に依頼(別途費用)
×
土地家屋調査士に依頼(別途費用)
相続人間の紛争による交渉など×
弁護士紹介可(別途弁護士費用)
×
弁護士に依頼(別途費用)
×
弁護士に依頼(別途費用)
相続した不動産を売却する場合×
不動産会社を紹介(別途不動産業者の費用)
×
系列の不動産会社に依頼(別途費用)
×
不動産会社に依頼(別途費用)

相談無料

営業時間:8:00~22:00

予約いただければ時間外でも対応。※営業時間外はスマホにおかけください。

0120-783-444

LINEでの申し込み

メールでご相談

相談無料

相続問題はなかの法務事務所にご相談ください!

営業時間:8:00~22:00

予約いただければ時間外でも対応。※営業時間外はスマホにおかけください。

0120-783-444

LINEでの申し込み

メールフォームから相談予約受付中!

アクセス

〒102-0072
東京都千代田区飯田橋 3-1-6
越前屋ビル 2F
「飯田橋」駅 メトロ徒歩 1 分、JR 徒歩 3 分
アクセス良好なのでお仕事帰りでもご相談可能です!
ページトップへ