生命保険

大切な資産の有効活用には生命保険がおすすめです。

生命保険では、死亡保険金受取人をあらかじめ指定することでお金に宛名をつけることができます。
将来、だれがどれだけ受け取るのかを決めておくことができるのです。

死亡保険金は、受取人の請求手続きにより一般的な相続財産と比較して速やかに支払われます

死亡保険金の受け取りに対して、相続税法上の一定の金額が非課税になります。

一時払い終身保険を利用すると

  一時払い保険料  (死亡)   死亡保険金
  約994万円     →    1000万円

例えば、契約年齢60歳(男性)の場合、約994万円の一時払い保険料1000万円の保障を確保でき、遺すことができます
※性別・年齢によって保険料は変わってきます。

被相続人の現金として1000万円を遺しておいた場合、丸々相続財産になり課税の対象になりますが、
保険にした場合、相続税法上一定の金額が非課税になります。

≪死亡保険金の非課税限度額≫ 500万円×法定相続人の人数

お父さんが亡くなって、相続人がお母さんと子供一人であれば、死亡保険金1000万円が非課税になります。

 

 

 

相談無料

営業時間:平日9:00~18:00

予約いただければ時間外でも対応。※営業時間外はスマホにおかけください。

0120-783-444

LINEでの申し込み

メールでご相談

相談無料

相続問題はなかの法務事務所にご相談ください!

営業時間:平日9:00~18:00

予約いただければ時間外でも対応。※営業時間外はスマホにおかけください。

0120-783-444

LINEでの申し込み

メールフォームから相談予約受付中!

アクセス

〒102-0072
東京都千代田区飯田橋 3-1-6
越前屋ビル 2F
「飯田橋」駅 メトロ徒歩 1 分、JR 徒歩 3 分
アクセス良好なのでお仕事帰りでもご相談可能です!
ページトップへ