民事信託に関するキーワード

後見人 種類

  • 認知症の方がいる場合の遺産分割協議

    成年被後見人とし、成年後見人という保護者を付けます。 そして、成年後見人が成年被後見人(病気の人)を代理して遺産分割協議に参加することになります。ただし、成年後見人は成年被後見人にとって不利な協議はできないので、法定相続分に相当する財産は確保する必要があります。 その結果まとまった遺産分割協議でもって、不動産...

遺留分 改正

  • 2通の遺言書

    また、今回の法定相続人は甥姪のため、遺言書でもって遺産の全部を特定の者に相続させるとした場合、遺留分の問題は生じません。 解約に応じない甲金融機関に対しては、訴訟も視野に入れて検討する必要がありました。このケースの解決事例【1】『遺言書の検認』を行う。(検認の手続はおよそ1ヶ月前後を要する。 【2】検認の...

  • 【トピックス】婚外子の相続差別に違憲判決

    今回の判決を受け、近いうちに民法が改正されることが予想されますが、日本における家族のあり方を見直すきっかけになるかもしれません。

後見 登記

  • 自筆証書遺言の検認と遺言執行者の選任

    相続の際、不動産の名義変更をするために「登記手続」が必要です。 登記手続においては、遺言に「相続させる」と書いてあれば問題もなく、母が単独で手続きができた。しかし、このケースのように「贈与する」と書いてある場合、母は父と共同して申請する必要があります。 つまり、父を探し出して協力を求める必要があります。

  • 遺産の独り占めされそうな場合

    マンションは、遺言書で誰かのものとしていない限り、全相続人の同意がないと、所有権移転の登記ができません。遺産分割の話がつかないと、法定相続分どおりの共有となります。生命保険金は、受取人が指定されていない限り、相続財産となり、1人のものにはできません。 まずは、どのような遺産があるかを調査するべきです。たとえば、...

  • 遺言を無視することはできる?

    法律上では相続人である受遺者(遺言による財産の受取人)全員が遺言を放棄すれば、遺言がすべて失効するので、相続財産全てが相続人のものとなるので、そこであらためて相続人全員で遺産分割協議をすると考えます。また遺言書に従わない遺産分割協議書になったとしても、登記所も銀行も全く分かりません。

  • 相続人の内に未成年者がいる場合の手続

    分割協議書は、不動産の相続登記など名義変更をする場合に必要となります。 申立てをしてから所定の手続きを経て、家庭裁判所の審判が下りるまでにはある程度の期間(通常1か月程度)がかかります。

  • 認知症の方がいる場合の遺産分割協議

    そこで、相続人Cについては、家庭裁判所の後見開始の審判の申立をします。 成年被後見人とし、成年後見人という保護者を付けます。 そして、成年後見人が成年被後見人(病気の人)を代理して遺産分割協議に参加することになります。ただし、成年後見人は成年被後見人にとって不利な協議はできないので、法定相続分に相当する財産は...

佐久間 民法

  • 相続人の内に未成年者がいる場合の手続

    相続人の中に未成年者がいる場合の遺産分割協議について、民法では、未成年者は法律行為を行う能力が不完全であるとされています。よって、未成年者本人が法律行為である分割協議に参加することは出来ません。このケースの解決事例家庭裁判所への手続き方法 【1】「特別代理人選任の申立て」を行う。未成年者の住所地を管轄する家庭裁...

  • 【トピックス】婚外子の相続差別に違憲判決

    これは、結婚していない男女間に生まれた子(婚外子、非嫡出子)の遺産相続分を、結婚している夫婦の子(嫡出子)の半分と定めた民法の規定が、法の下の平等を保障した憲法に違反していると判断されたことになります。 今回の判決を受け、近いうちに民法が改正されることが予想されますが、日本における家族のあり方を見直すきっかけにな...

  • 遺言No.1 「自筆証書遺言の書き方」

    「間違ったらどうしよう」という気持ちはわかりますが、間違ったときの訂正方法も民法で決まっております。勝手にぐちゃぐちゃと消さないように。最後に押印です。三文判でもかまいませんが、本人の印だということを明らかにするためにも実印が望ましいです。拇印でも有効だという判例があります。でも、本人の印だということを明らかにす...

ひねり出す 意味

  • 死後のペットが心配

    考えたくはないですが、財産だけもらってペットを蔑ろにされては遺贈の意味がありません。この対策として、遺言書で遺言執行者を指名しておきます。 遺言執行者は、もし、受遺者がペットの世話を約束どおり行わないときには、相当の期間を定めて履行の請求をすることができます。

民法 組合

  • 相続人の内に未成年者がいる場合の手続

    相続人の中に未成年者がいる場合の遺産分割協議について、民法では、未成年者は法律行為を行う能力が不完全であるとされています。よって、未成年者本人が法律行為である分割協議に参加することは出来ません。このケースの解決事例家庭裁判所への手続き方法 【1】「特別代理人選任の申立て」を行う。未成年者の住所地を管轄する家庭裁...

  • 【トピックス】婚外子の相続差別に違憲判決

    これは、結婚していない男女間に生まれた子(婚外子、非嫡出子)の遺産相続分を、結婚している夫婦の子(嫡出子)の半分と定めた民法の規定が、法の下の平等を保障した憲法に違反していると判断されたことになります。 今回の判決を受け、近いうちに民法が改正されることが予想されますが、日本における家族のあり方を見直すきっかけにな...

  • 遺言No.1 「自筆証書遺言の書き方」

    「間違ったらどうしよう」という気持ちはわかりますが、間違ったときの訂正方法も民法で決まっております。勝手にぐちゃぐちゃと消さないように。最後に押印です。三文判でもかまいませんが、本人の印だということを明らかにするためにも実印が望ましいです。拇印でも有効だという判例があります。でも、本人の印だということを明らかにす...

民法 とは

  • 知らない相続人がいた場合

    父親には、先妻との間に1人子供がいて、その子とは会ったことがなく存在も知らなかった財産はなく借金が約300万円残ったこのケースの問題点父親が亡くなり、父親に財産はなく、借金が300万円ほどありました。 相続人は後妻の子(成人)2人と面識のない先妻の子供(成人)1名。このケースの解決事例その相続人には連絡せずに兄...

  • 遺言を偽造した兄の相続権はどうなるか

    相続欠格とは、相続において不当に自己の利益を図った相続人に対する制裁のため、その相続権を失わせる法定の制度です。 相続欠格者には、①生命に対する侵害をした者②遺言に対する侵害をした者とがあります。 前者①は被相続人や他の相続人を死亡させて刑に処せられた者です。 後者②は遺言書を偽造した者のほか、遺言書を捨て...

  • 相続人の内に未成年者がいる場合の手続

    相続人の中に未成年者がいる場合の遺産分割協議について、民法では、未成年者は法律行為を行う能力が不完全であるとされています。よって、未成年者本人が法律行為である分割協議に参加することは出来ません。このケースの解決事例家庭裁判所への手続き方法 【1】「特別代理人選任の申立て」を行う。未成年者の住所地を管轄する家庭裁...

  • 死後のペットが心配

    ここで大事なことは、本当にペットをかわいがってくれる人を選び、承諾を得ておかなくてはならないことです。通常であれば親族にお願いしたいところですが、動物が好きでない人を選んで、遺贈を放棄されてはペットがかわいそうです。 そして、もう1つ大事なことは、遺贈を受けた人(受遺者)がちゃんと世話をしているかを監督する人を...

  • 【トピックス】婚外子の相続差別に違憲判決

    これは、結婚していない男女間に生まれた子(婚外子、非嫡出子)の遺産相続分を、結婚している夫婦の子(嫡出子)の半分と定めた民法の規定が、法の下の平等を保障した憲法に違反していると判断されたことになります。 今回の判決を受け、近いうちに民法が改正されることが予想されますが、日本における家族のあり方を見直すきっかけにな...

  • 遺言No.1 「自筆証書遺言の書き方」

    亡くなった後、認知症になった後では遺言を書くことはできないので後の祭です。相続人である依頼者の方も悔しがっていますけど、亡くなった方もあの世で悔しがってるだろうなぁって思います。そうならないためにも、まず遺言のことを知ってください。我々法律の専門家は、「イゴン」と言ってしまうのですが、一般的には「ユイゴン」ですね...

民法 法人

  • 相続人の内に未成年者がいる場合の手続

    相続人の中に未成年者がいる場合の遺産分割協議について、民法では、未成年者は法律行為を行う能力が不完全であるとされています。よって、未成年者本人が法律行為である分割協議に参加することは出来ません。このケースの解決事例家庭裁判所への手続き方法 【1】「特別代理人選任の申立て」を行う。未成年者の住所地を管轄する家庭裁...

  • 【トピックス】婚外子の相続差別に違憲判決

    これは、結婚していない男女間に生まれた子(婚外子、非嫡出子)の遺産相続分を、結婚している夫婦の子(嫡出子)の半分と定めた民法の規定が、法の下の平等を保障した憲法に違反していると判断されたことになります。 今回の判決を受け、近いうちに民法が改正されることが予想されますが、日本における家族のあり方を見直すきっかけにな...

  • 遺言No.1 「自筆証書遺言の書き方」

    「間違ったらどうしよう」という気持ちはわかりますが、間違ったときの訂正方法も民法で決まっております。勝手にぐちゃぐちゃと消さないように。最後に押印です。三文判でもかまいませんが、本人の印だということを明らかにするためにも実印が望ましいです。拇印でも有効だという判例があります。でも、本人の印だということを明らかにす...

遺贈 税金

  • 自筆証書遺言の検認と遺言執行者の選任

    母が、遺言執行者として選任されれば、父の協力なくして母1人で手続ができます。 遺言執行者の候補者は母にします。 「遺言書の検認」を終えた後、遺言執行者選任の申立を行います。 【3】不動産の名義変更手続、定期預金の手続完了。少し難しいケースですが、相続登記を申請する際の登記の原因は「遺贈」となります。

  • 死後のペットが心配

    ここで考えられる方法が【負担付遺贈】です。ペットの世話をしてもらう。その対価として財産の一部を贈るという内容を遺言書に遺すことをおすすめします。 つまり、ペットの世話という負担を条件に財産を遺贈する方法です。ここで大事なことは、本当にペットをかわいがってくれる人を選び、承諾を得ておかなくてはならないことです。

民法 判例

  • 相続人の内に未成年者がいる場合の手続

    相続人の中に未成年者がいる場合の遺産分割協議について、民法では、未成年者は法律行為を行う能力が不完全であるとされています。よって、未成年者本人が法律行為である分割協議に参加することは出来ません。このケースの解決事例家庭裁判所への手続き方法 【1】「特別代理人選任の申立て」を行う。未成年者の住所地を管轄する家庭裁...

  • 【トピックス】婚外子の相続差別に違憲判決

    これは、結婚していない男女間に生まれた子(婚外子、非嫡出子)の遺産相続分を、結婚している夫婦の子(嫡出子)の半分と定めた民法の規定が、法の下の平等を保障した憲法に違反していると判断されたことになります。 今回の判決を受け、近いうちに民法が改正されることが予想されますが、日本における家族のあり方を見直すきっかけにな...

  • 遺言No.1 「自筆証書遺言の書き方」

    「間違ったらどうしよう」という気持ちはわかりますが、間違ったときの訂正方法も民法で決まっております。勝手にぐちゃぐちゃと消さないように。最後に押印です。三文判でもかまいませんが、本人の印だということを明らかにするためにも実印が望ましいです。拇印でも有効だという判例があります。でも、本人の印だということを明らかにす...

相談無料

営業時間:平日9:00~18:00

予約いただければ時間外でも対応。※営業時間外はスマホにおかけください。

0120-783-444

LINEでの申し込み

メールでご相談

相談無料

相続問題はなかの法務事務所にご相談ください!

営業時間:平日9:00~18:00

予約いただければ時間外でも対応。※営業時間外はスマホにおかけください。

0120-783-444

LINEでの申し込み

メールフォームから相談予約受付中!

アクセス

〒102-0072
東京都千代田区飯田橋 3-1-6
越前屋ビル 2F
「飯田橋」駅 メトロ徒歩 1 分、JR 徒歩 3 分
アクセス良好なのでお仕事帰りでもご相談可能です!
ページトップへ